読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のきログ

なぜか上から目線な女子大生のブログ

第88回アカデミー賞について雑に書いてみた

 

f:id:waravi217:20160522193437j:plain

今日はアカデミー賞について書きたいと思います。

日本時間2/29に発表やったんで、おっせえな?!って感じかもしれませんが受賞作全部見てから書きたかったんですね~

あとほんとは全部の賞についてかこうと思ってたんだけどめんどくさいので特に書きたい「監督賞」「撮影賞」「主演男優賞」「作品賞」「主演女優賞」のみでいきます。

アカデミー賞とは

いうまでもなく世界最大の知名度を誇る映画賞です。授賞式前年の1年間に公開された映画が対象。受賞者はオスカー像がもらえるので単にオスカーと呼ばれることも多いです。

ちなみに日本は映画弱国なので、候補作は「アカデミー賞受賞」という宣伝文句を使うために授賞式後に公開されることが多いのです。おかげでわたしのような日本人映画ファンはアカデミー中継をハンカチを噛みながらみることになっている…

 

次点に有名なゴールデン・グローブ賞ハリウッド在住の外国人記者が投票・選定しますが、アカデミー賞ハリウッドの映画製作に携わるアカデミー会員が投票して選定されます。だから芸術性を純粋に評価するというより、その映画にかかったであろう苦労も評価の対象になってる気がします。

 

では以下に主要賞の人と作品たちを紹介していきます。

 

撮影賞 監督賞 主演男優賞

エマニュエル・ルベツキ

アレハンドロ・G・イニャリトゥ

レオナルド・ディカプリオ(レヴェナント 蘇えりし者)

f:id:waravi217:20160522165529j:image
 
88回オスカーの話をする場面でこの作品が話題にあがらない時はありませんでした。日本公開日に走ったよね~
撮影賞受賞のエマニュエル・ルベツキは"ゼロ・グラビティ""バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)"からの"レヴェナント"で今年で3回連続受賞です。これはアカデミー賞始まって以来初の快挙!
昨年はバードマンでのシームレス撮影で話題をさらったルベツキ。今作で全編自然光撮影という完全にクレイジーな偉業を成し遂げました。新しいことやるだけなら誰にでもできるんやけど、ルベツキはそれをしっかり完成品として出してくるから天才だなと思います。
全編自然光撮影がどれだけイカれてるすごいことなのかというと、まずカナダの極寒地帯で絶対撮りたい!という話で、そこでライトなし撮影できる明るさの時間帯が1日1~2時間しかないんですね。つまりくそめんどいしスケジュール押しまくる。しかも寒いとこに毎日毎日長期間おらなあかんからスタッフめっちゃ逃げる。次の仕事もあるしね。
てなわけでこの映画、撮影中も業界内ではすごい噂になってて、間違いなくそこの苦労も評価されてます。普通の人間は心折れるもん…わたしなら絶対やだ…
余談ですが撮影中に助演俳優のトムが監督の首を絞める危うく殺人事件…な大乱闘があったらしいです。どんな現場。
 
監督賞のアレハンドロ・G・イニャリトゥは”バードマン”からの二年連続受賞!これは史上初ではないけどやっぱり珍しいしすごいことです。
上記のメチャクチャな撮影を乗り切って映画を完成させた点もそうですが、やっぱりそれだけでないイニャリトゥ節が映画にも反映されてて、これから映画界を引っ張っていく監督であることは間違いないです。言葉にしづらいけど、レヴェナント見てもらえればわかる!(丸投げ)

f:id:waravi217:20160522170425j:plain

監督VS俳優の大乱闘をネタにしたTシャツがこちら。ちょっとほしい。

 
主演男優賞は!レオナルド・ディカプリオ!!監督も撮影監督も連続でオスカーとってるのに対しこの人は念願のオスカーです。ファン大歓喜やで超おめでとう…
なんでこんなに喜ばしいかというと、レオはこれまでもオスカーを目標にいろんな役に挑戦してたんですよ。「ディパーテッド」「アビエイター」「ジャンゴ」「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で、脅迫神経症やらゲイやらデブハゲクズみたいな役を真剣にやって、「タイタニック」でのアイドルイメージを払拭するために俳優としてがんばってたんです。でも全部周りはみんなオスカー獲るのになぜかレオだけいつもスルーされてて…かわいそうすぎ…
総合しておよそ人間がやりたくないと思う演技のフルコースを堪能してきて、もう今回は「ほんならもうとことんやったらぁ!!見とれやオラァ!!!」ってことで今回とことん虐めぬかれてます。崖からつきおとされたり、冷たい川にほうりこまれたり、ベジタリアンなのに牛の生レバーを食べさせられるなどなど壮絶。逆にこれでオスカー獲れなかったらなにしたらいいん…?という感じだったので、ほんとに獲れてよかったです。
ただ虐められてるだけでなく、演技ももちろん素晴らしかったです。なにせクマに喉を食い破られてしゃべれない設定なんで、セリフや声で感情を表現できないんです。目と表情と息遣いのみ。それでスクリーン越しに観客に伝えるというレオの才能を見せつけられます。とりあえず見てくれ。

 

f:id:waravi217:20160522193507j:plain

ほんまおめでとうな…
 

作品賞

スポットライト 世紀のスクープ

f:id:waravi217:20160522180324j:plain

作品賞もぶっちゃけレヴェナントが獲ると思ってたので、意外でした。これが作品賞か~
これは、ボストンの地方紙がカトリックの不祥事を暴いて掲載したっていう実話ベースの映画です。で、ボストンっていうのは約25%がアイルランド系で、カトリック教徒
の人が多い。カトリックとかキリスト教に関しては日本であまりなじみがないですが、旧教なので(新教はプロテスタント)まじめでおかたい印象を持ってもらえればいいと思います。あとなんか貧しそう。
ボストンはとにかく閉鎖的なムラ社会というか…カトリックの不祥事のヒントや告発は前々からあったのに、カトリックの権力が強すぎて新聞記者も無意識に見て見ぬふりをしていたんですね。それをアウトサイダーの編集長が指摘して、アルメニア系の弁護士やヒスパニックの記者が権力に逆らいながら暴くっていう流れです。移民問題で荒れてるからこういう外からの視点みたいな話が作品賞を獲ったってことに、アメリカの空気感がよみとれました。

 

主演女優賞

ブリー・ラーソン (ルーム)

f:id:waravi217:20160522193351j:plain

主演女優賞はルームという映画で、息子とともに部屋に監禁された母親を演じたブリ-・ラーソンが受賞しました。これはもう下馬評通りの受賞。納得です。

設定が特殊で、まず誘拐され監禁されて、そこで出産した息子と納屋で暮してるという役です。難しい。そんな状況におかれたことがないし想像できる範囲を超えてる気しかしません。見ている側になんの違和感も抱かせない演技でやりきったブリ-はほんとすごい女優としか言えません。

わりと普通の顔してると思うんです、もちろんハリウッド基準でね!(笑)

今回助演女優を受賞したアリシア・ヴィキャンデルは顔めっちゃかわいいけど、それに比べたら割といそうな顔の女優さん。”いそうな顔の女優”の枠ってこれまでなかったと思うので、そういう方向でブリ-はこれからどんどん活躍すると思います。作中でヒステリー起こしたり鬱っぽくなることがあったんやけど、うわ、こんな女の人見たことあるわって思います。そういう才能ある女優さんあんまりいないもんな…ってことで大期待です。

ちなみに”いそうな顔の俳優”枠はマット・デイモンがトップを走っていると思います。次点でベン・アフレック

f:id:waravi217:20160522170414j:plain

いそう顔(褒めてる)

 

はい、まだあるけどまあ5賞ふれたら十分でしょ!(雑)
助演は特にいうことない!アリシアもマーク・ライランスもよかった!おつかれ!
作曲賞はモリコーネが死ぬ前に獲れてよかった!おめでと!
長編アニメーションは思い出のマーニーが獲れたら日本人としては嬉しかったけど今回はピクサーの最高傑作が居たからツイてなかったよ!インサイド・ヘッド見終わった瞬間に悟ったもん!また今度がんばろ!
 
最後に私的88回オスカーのベストドレッサー賞をご紹介します。”キャロル”の主演女優二人!もうどこの貴族…?って感じですね。ちなみにこの人たちはそのへんにいなさそうなタイプの女優です。キャロルもめっちゃ良かったのでDVD出たら見てください。以上。

f:id:waravi217:20160522193231j:plain

最近ホットな英国俳優を紹介する



世界とは広いもので、この世にはニッチなジャンルが存在し、またそのファンも存在します。

そこでみなさんは、英国俳優というジャンルを聞いたことがあるだろうか


そのまんまイギリス人俳優のことです。これがいま一部の界隈で盛り上がってまして、色んな人にわたしの大好きな俳優について言いたくなったのでブログ書きます。

(こんなブログ書く前にES書かなければならないのにな……………)


人気の理由

なぜ英国俳優なのか、いわゆるハリウッドスターと何が違うのか?


まずスマートですね。紳士というかお上品。いわゆる英国紳士スピリッツがあるので人気です。

あと彼らのキャリアパスとして、名門私立大学からの、名門演劇学校、舞台演劇をやってから映画という流れが浸透しているので、頭が良く単純に演技の実力が高い。いつでも最低限のクオリティは出せちゃうらしいです。あと頭いいから監督の意図もスッと汲み取ってくれちゃう。ってことに最近いろんな監督が気づいちゃってイギリス人俳優起用が増えてる。


アカデミー賞会員はアメリカ人にばっかり票を入れたら人種差別とかで叩かれるのでアメリカ人以外にも票を分散させたい。そうなるとアメリカ人の次にイギリス白人には票を入れやすいので、オスカーを獲る。露出も大きいってのもあるんじゃないかなあと思います。


紹介したいイチオシ英国俳優


しゃ!ほな本題いくで!

f:id:waravi217:20160326235952j:image

エディ・レッドメイン

エディくんは結構有名ですよね。なんてったってレ・ミゼラブルのマリウス。

これもすごい良かったです、が、この人の本気はこんなもんじゃないんや!!!!!

f:id:waravi217:20160327000712j:image

"博士と彼女のセオリー"という映画で、天才物理学者ホーキング博士を演じました。ホーキング博士は全身の筋肉が動かなくなる難病ALSを患ってるんですがその演技がすごいんですほんとにリアルマジで(語彙低)。まじで見て欲しい。

この演技が評価されてアカデミー賞主演男優賞に輝きました。ちなみに現在公開中の映画"リリーのすべて"では世界初の性別転換手術を受けた女性を演じてまして、これでも主演男優賞ノミネートされてます。才能が爆発してた………

エディ・レッドメインについてはここでは語りつくせないのでこの辺で終わり〜〜

蛇足ですがエディくんは生粋のお坊ちゃんで、チャールズ皇太子と同級生らしい。セレブゥ!そして既婚です。残念。



f:id:waravi217:20160327001923j:image

ベネディクト・カンバーバッチ

通称バッチさん。イギリスのBBC制作のドラマ"SHERLOCK"でブレイクしました。奇人変人孤独な天才をやらせたらピカイチの俳優さん。この人は脇役でけっこういろんなとこに出てるんですが、2014年に主演した映画"イミテーション・ゲーム"でオスカーにもノミネートされました!2014オスカーは前述のエディくんにとられちゃったけど、この映画でもパソコンを世界で初めて発明したと言われている孤独な天才・アラン・チューリングを熱演してました。

f:id:waravi217:20160327003048j:image

実際はすごいおちゃめでおもろい人で、アンチの人からTwitterで「顔がネコのケツの穴に似てる」って言われて爆笑して、「そういうのが好きな人も居て、その人がこれ(婚約指輪)をネコのケツの穴の薬指にはめたんだ」とか返す寛大なお方です。あ、既婚です。残念。



f:id:waravi217:20160327004123j:image

ベン・ウィショー

この人について書きたいがためにこの記事書き始めた、みたいなとこある。

どうですかベン・ウィショーくん!もう第一印象からかわいいよね?!?かわいい!!!かわいすぎてまとめ記事が頻出するレベルです。ベン・ウィショーの守ってあげたい感が異常 - NAVER まとめ

出演作品は、メジャーどころだとスカイフォール以降の"007"に出てます。あと"リリーのすべて"にも出演。エディくん演じるリリーを口説き落とす男の役をやっているので、"リリーのすべて"ではエディ・レッドメインベン・ウィショーの絵になるBLが見れたり。"パディントン"のパディントン役声優とか、"白鯨との闘い"とか公開中"ロブスター"にも出演してます。ほんとに今ホットな俳優さんです。でもガンガン映画やるぜ!オラァ!って感じの性格じゃなく、見たとおりのゆるふわ系なので知る人ぞ知るという、コアなファンを離さないあざとい俳優さんです。

あ、既婚(同性婚)です。しかもゲイなので女性は圏外ですね。残念。



f:id:waravi217:20160327010533j:image

トム・ヒドルストン

通称トムヒ。アメコミ映画出てるけどイギリス人です。

代表作は"マイティ・ソー" ソーの敵・ロキ役で出演しています。身長187cmの高身長スマート体型、しかもケンブリッジ大学卒という、天にブツを与えられまくってる俳優さん。生まれ変わったらトムヒになりたい。

f:id:waravi217:20160327011043j:image

笑い方が特徴的で、「えへへへへ」って笑うんですよね。このスペックでその笑い方はまさに人間デスノートきっと数々の女性の心臓を止めてきたのでしょう。

わたしの大好きなギレルモ・デル・トロ監督の映画"クリムゾン・ピーク"で没落イギリス貴族を演じてたんですが、シュッとしてはるわ。

f:id:waravi217:20160327104137j:image

貴族とか、そういうの似合いますね。ステレオタイプなイギリス人役がめっちゃハマってるなあと思います。今年はタワマン内のいざこざを描く"High Rise"や実在の歌手の伝記映画"I Saw the light"で主演します。


ちなみに未婚ですが、フルハウスエリザベス・オルセンちゃんと付き合ってるらしい。残念。



f:id:waravi217:20160327011354j:image

トム・ハーディ

通称トムハ。トム・ハーディですね。うんうん。そうそう"マッドマックス"の人。

なんとロンドン芸術大学で英国俳優界のレジェンドアンソニー・ホプキンス(レクター博士ね!)の指導を受けてたとか!演技力の高さも折り紙付きです。

他には"ダークナイト"にも出てたし、"インセプション"にも出てました。そしてなんと4/22公開"レヴェナント"にも出演してるんだぜ〜〜!!!すごい!!!


f:id:waravi217:20160327011821j:image

ダークナイトのとき。こんな感じでわりと口枷つけてるイメージある


レヴェナント、なんか聞いたことあるなって人多いと思うんやけど、この映画は2015年アカデミー賞主演男優賞・監督賞・撮影賞のメイン3部門をぶっちぎった映画です。

他にも2015年の映画賞をベロンベロンと総ナメしてまして、日本版予告編とか見たら受賞した賞がひたすら流れます。(受賞っていうハクがつかないと日本人映画見ないからだと思うんやけどポスターにもずらずら書くしぶっちゃけダサいしうざい)トムハも助演男優賞でいくつか賞とってます。


オスカーもノミネートされてましたので間違いなく今、キテます!是非覚えて!そしてレヴェナント絶対見ような!

麻薬中毒アルコール中毒ですが克服して頑張ってます。あとバツイチ既婚です。残念。



ミヒャエル・ファスベンダーとかマーティン・フリーマンとかクリスチャン・ベールとかアラン・リックマンとかコリン・ファースとかニコラス・ホルトとかダニエル・クレイグとかタロン・エガートンとかイドリス・エルバとかもっといっぱいいるけど(もう疲れてきたので)今日はここまでにしといてやろう。


良い先生とは


最近読んだ本と漫画から、「良い先生とは…」みたいなちょっとかっこいいこと考えたので書きます。

先生はえらい (ちくまプリマー新書)

先生はえらい (ちくまプリマー新書)


下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)

下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)




メインはこの2冊!どっちも内田樹さんの本です。
まず、今回は「人生の中で強く印象に残る」ような、尊敬して「師匠」って言いたくなるような先生の話をしたいなと思います。
さて、
みなさん、良い先生って会ったことありますか?


思いうかびます?ちなみにわたしは何人かいるんですけど、1人は中学のとき吹奏楽部に1回うちの部活に訪問してレッスンしてくれたヒゲのトランペットの先生です。


え、会ったの1回だけかよ?!そこは顧問じゃないのかよ?!って思いますよね。そうなんですね〜〜


「良い先生」=「自分にとって有益な技術を教えてくれる人」ではない


もちろん、数学の教え方が抜群にうまいとか技術の部分が優れてる先生も良い先生なんですけど、教え方がうまいだけの先生とか、実用的で役立つことを教えてくれる人を尊敬したり強烈な印象を抱いたりしないですよね。

「先生はえらい」の文中にも出てくるんですけど、教習所の教官のことを「師匠!」って呼びたくなったり憧れたりしないし。

じゃあどういう人が良い先生なのか?


結論を先に言うと良い先生とは、

何言ってるかわかんない人です。

わたしが何言ってんだって感じですね〜
なんでかっていう話、これ、内田樹さんは原始からの交換欲求に根拠を置いてたんですけど、わたしはそれよりも人間の進化が根拠なんじゃないかな〜と思いました。

自分が大きく進化(成長)しようと思ったら、今まで自分に全くなかった要素を取り込むのが一番早いですよね。伸びしろがあるから。

何言ってるかわかんない人っていうのは、そもそもその人が言ってることを判断できる物差しを自分が持ってないってことです。
物差しっていうの多くの経験とか知識に裏付けられないと構成されない。
つまり、その人は自分の持ち得ない経験と知識(進化の余地)をたくさん持っているということで、その人に学べば色んなことが知れて、成長できますよね。

ちなみに恋愛も全く同じです、というか遺伝子を掛け合わせるから最たるものだと思う。何言ってるかわかんない人にわたしめちゃくちゃ惚れるんですけど、たぶんみんなそうやんね?!



っていう考えごとをしているころに読んだ漫画がタイムリーに師匠・弟子入りみたいなキーワード含むものが多くて、驚いた〜!紹介します。




昭和元禄落語心中(1) (KCx)

昭和元禄落語心中(1) (KCx)



今期アニメ放送中の昭和元禄落語心中
本屋でなんとなく1巻買ったらめっちゃ面白くて大人買いしました。
この漫画の主人公・与太郎は、刑務所から出てきて即、8代目遊楽亭八雲に弟子入りしに行きます。そのシーンがこちら。


わたし「それな〜〜!!わかる〜〜!!!」
弟子入りとは一目惚れですよ!ほんまそれな?
八雲師匠は計算しつくされた落語をする人で、与太郎の落語のスタイルとは全く違うんですけど、それでも弟子入りします。惹かれちゃうんですよね。超わかる。






青の祓魔師 16 (ジャンプコミックス)

青の祓魔師 16 (ジャンプコミックス)




青エクはずっと集めてるので、新刊が出てたから買いました。今回、勝呂がライトニングに弟子入りさせてください!って言ってそれを燐とか志摩とかに理由話すとこがあります。それがこちら。
f:id:waravi217:20160131221250j:image

わたし「それな〜〜!!わかる〜〜!!!」(2回目)

「能力でも精神面でも俺に足らんもんを持っとる」「理屈ではうまく説明できひん」などなど、わたしの師匠選びの持論と完全に一致してました。「先生はえらい」読んでから間もなかったので、そういうことを改めて学ぶべきタイミングやったんかなあと思いました。


蛇足なんですが、わたしがすごく感銘を受けた中学時代の臨時講師の先生はまじで何言ってるかわかんなかったです。トランペッターで、とてつもなく抽象的な指導やったけど、今も強烈に残ってるし、成長できました。





映画館スタッフが選ぶ2015年おもしろかった映画5選



映画鑑賞が趣味です。
映画館スタッフって映画タダで見れるらしいでという噂を聞き、2月から映画館スタッフしてます。
普通に課金して映画見ることもあったし、噂は本当だったので、結構劇場で映画見てる方だと思います。年末なので改めて振り返りつつ、まとめ!


総合

2015年の映画総合興行収入は2100億円超らしいですね。去年が2000億円台だったので、単純にですけど増えてますね。肌感覚ですけど、今年はおもしろい映画が多かった気がします。

興行収入ランキング


  1. ジュラシック・ワールド        95億
  2. ベイマックス                         91億
  3. 妖怪ウォッチ                         78億
  4. バケモノの子                         58億
  5. シンデレラ                             57億
  6. ミニオンズ                             52億
  7. M:Iローグネイション             51億
  8. HERO                                     46億
  9. 名探偵コナン 業火の向日葵   44億
  10. インサイド・ヘッド               40億

なんとトップ10のうち6本がアニメーション作品!
洋画 : 邦画 = 6:4 ですね。
でもジュラシックとベイマックスはぶっちぎってるので興行収入合計すると洋邦そんなに変わらないんかな、って感じ。
あとスターウォーズが初日からの三日間で16億くらいいってたので、冬休み入るし年内にトップ10入りするのかも……

わたし的選抜 5選

2015年に映画館で見たのは52本。DVDで見た過去作含めると130本でした。映画1回1800円だから、1800×52本で10万円分くらい劇場で見てます。見たい作品もっとあったのに…映画高くなりましたよね。

そもそも見てないのもあるからなんであれがないねん!っていう方はぜひ自分の好きな映画について熱いコメントお願いします!(笑)
評価軸としては

⑴ワクワク度
⑵演技スゴい度
⑶ストーリー性


ストーリー性ってふわっとしてるけど、エンタメ度と言い換えてもいいかも。オチがあって、大半の人にうけそうっていう感じ。

これを主観バリバリで☆五段階評価!
いきま〜〜す


f:id:waravi217:20151222230453j:image

バケモノの子

監督 細田守
原作・脚本 細田守


⑴ワクワク度         ★★★★★
⑵演技スゴい度     ★★★☆☆
⑶ストーリー性     ★★☆☆☆

あらすじ:ひとりで生きるしかない少年・九太が、バケモノの街・渋天街に迷い込んで渋天街でトップ3に入るくらい強いバケモノの弟子になる


なにがすごいって、冒頭からめっちゃワクワクする。あの炎のアニメーションは忘れられません。
師弟の物語っていう捉え方もできますけど、というよりも父と子の物語。作中に現れる、九太の父親の多いこと多いこと!熊徹はもちろん熊徹の友人、多々良と百秋坊も、猪王山もヒロインの楓も九太にとっての父親の役割をしてます。

インタビューで読んだんですけど、細田監督は前作の後に息子さんが生まれたそう。そこで、実の父親の知らないところでいろんな人が父親の役割をして、息子が成長するのが理想だなと思ってこの映画にメッセージを込めたとか。

今年3回見たけど、まだまだじっくり見たいのでDVD買います…2月に出ますよ!おすすめ!





f:id:waravi217:20151228113020j:image

セッション (原題:Whiplash )

監督・脚本 デイミアン・チャゼル
主演 マイルズ・テラー
         J・Kシモンズ(スパイダーマンの新聞社編集長の人)

⑴ワクワク度     ★★☆☆☆
⑵演技スゴい度 ★★★★★
⑶ストーリー性 ★★★☆☆

原題のWhiplashというのは、劇中に出てくる曲名です。Whiplash=ムチで激しく打つ という動詞で、ドラマーの職業病であるムチウチという意味もあります。
ざっくりあらすじ言うと、ドラマーを目指してる気の弱い名門音楽学校の学生・ニーマンとカリスマ性のある鬼のような先生・フレッチャーの話。

フレッチャーがどのくらい鬼かというと

・ちょっとでもテンポがずれたら、「ファッキンテンポ!!!!!!」と言われてガチビンタ

・リズム間違ってたらシンバルが避けなければ顔面に当たる位置に投げられる

・音程が違ってたらバリエーション豊富な罵倒セリフで泣かされて合奏室から退場せざるをえなくなる

星一徹もびっくりですね!軍隊かよ!
f:id:waravi217:20151229000730j:image

フレッチャーはものすごい鬼教官なんですが、誰しも自分のかつてのメンターにフレッチャーと重なる部分を見出すことができるんじゃないかなと思います。わたしももちろんあって、中学の吹奏楽部の顧問の先生がそれです。ほんと、怖かった〜〜(笑)音楽のコミュニティやったからか、うわっあの先生みたいや……って思う部分いくつかありました。
誰かに師事したことがある人なら誰でも、そういったポイントでニーマンに感情移入できて楽しめる映画です。
でもただの成長物語かと思えば、ラスト10分でほんとにいろんなことが起こります!お見逃しなく…





f:id:waravi217:20151228235309j:image

シェフ!〜三ツ星フードトラック始めました〜(原題 : CHEF)

監督・脚本・主演 ジョン・ファヴロー

⑴ワクワク度     ★★☆☆☆
⑵演技スゴい度 ★★★☆☆
⑶ストーリー性 ★★★★☆

あらすじとしましては、三ツ星レストランのシェフ・カールが、批評家とTwitterでケンカして炎上して辞める。そして元妻の元夫にフードトラックもらってフードトラックしながらマイアミからロスに帰る。(息子と元同僚も一緒!)

この監督はアイアンマンも撮ってるんですが、アイアンマン3を一旦断ってこの映画を撮ったとか。(噂だけど)お金もらって映画撮ることに反抗してるのかもしれんなあって言われてます

カールはシェフやってたときは多忙すぎて、元妻のところに住んでる息子と週一でしか会えない。毎週遊園地とか連れて行ってるんですが、息子がカールにTwitterのやり方教えるときに「遊びに行くのも楽しいけど、なにかを一緒にやったり、教えたりするのも楽しいよ」って言うシーンがとても印象的でした。

売ってるのがキューバサンドで、マイアミ出発だからかラテン系のゴキゲンな雰囲気です。

Twitter炎上して職を失うカールですが、Twitterを活用してフードトラックは盛り上がっていくので、SNSを叩くだけじゃないところがアメリカっぽいなあ〜と思いました。日本だとマイナスに捉えられるのが多い気がするしね。白ゆき姫殺人事件とか。

あと、究極の飯テロ映画なので、お腹すいてるときは見ないように注意してください!!!
f:id:waravi217:20151229002945g:image







f:id:waravi217:20151229003309j:image

ジュラシック・ワールド
監督・脚本 コリン・トレボロ

⑴ワクワク度    ★★★★★
⑵演技スゴい度 ★★★★☆
⑶ストーリー性 ★★★☆☆


めっちゃトリビアなんですけど、コリン・トレボロウ監督はスターウォーズエピソード9の監督に決定してるそうです。2012年に監督デビューして、ジュラシック・ワールドが2作目のはずなんですけど、大抜擢ですよね。すごいなあ。

ワクワク度はもちろんマックスなんですが、この映画、俳優の演技力がすごくないとできなかっただろうなと思います。なぜかというと、この映画中のラプトル、人間がやってるんですよ…

f:id:waravi217:20151229110815j:image

絶対に笑ってはいけない撮影24時
感情を殺さないと演技できません。ラプトル調教師役のクリス・プラットはすごい。

今までのジュラシック・パークシリーズと大きく違うのは、もうパークが開園している点ですよね。前作は開園までの部分を描いてたんです。
あと特筆すべきは人工恐竜インドミナス・レックス!デカすぎて、全体像が映る瞬間がほぼない。全体像わからないのに、めっちゃ怖い!ずっとドキドキ!音楽とカメラワークの技術すごい。

今作では、利益のためにバカでかい人工恐竜を作って檻に閉じ込めて、ヴェロキラプトルを調教しようと試みてます。悪いように言えば、自然を飼いならそうとしてる。で実際にぼろ儲けしてたら、案の定手を噛まれるという流れ。JPでは、自然をコントロールできないよっていうメッセージがあったのかな〜と思いますが、JWは「自然をコントロールできてもそれに慣れるなよ、自然マジすごいってこと忘れんなよ」みたいなメッセージなんかなあ。ちょっと変わったなあっていう印象です。

まあ別にこんなこと考えて見る映画じゃないです。うおー!インドミナス・レックスうおー!やべー!っていうテンションでみましょう。

f:id:waravi217:20151230113052j:image
モササウルスって名前かわいいよね





f:id:waravi217:20151230113154j:image

キングスマン

監督  マシュー・ヴォーン(「キック・アス」「X-MEN」の監督)
         マシュー・ヴォーン (他二人)
         タロン・エガートン
          

⑴ワクワク度     ★★★★☆
⑵演技スゴい度 ★★★☆☆
⑶ストーリー性 ★★☆☆☆

2015年はスパイ映画がたくさん公開されました。

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」
f:id:waravi217:20151231010256j:image


「007 スペクター」
f:id:waravi217:20151231010317j:image


「コードネームUNCLE」
f:id:waravi217:20151231010259j:image


2015年じゃないけど、「ブリッジ・オブ・スパイ」も年始に公開されます。
全部おもしろかったですけど、キングスマンがわたしのイチオシです!!
f:id:waravi217:20151231024020j:image

最近のスパイ映画って、シリアスな雰囲気が絶対どっかにありますよね。大事な人が死ぬとか、連れ去られるとか、国が、立場が政治が…みたいな

安心してください、ありませんよ
他の追随を許さない明るいバカっぽさが他のスパイ映画にないキングスマンの魅力です!

ここであらすじ説明するんですけど、
表向きは高級テーラー、裏の顔はスパイ組織「キングスマン」が人類抹殺計画を企てる悪いやつらと戦う話

あらすじから滲み出るバカっぽさ
最高です。こんなに単純なのになんで面白いのか。理由を3つ挙げます。


⑴スパイグッズがめっちゃかっこいい

スパイといえば専用装備!今作にも「うわ〜めっちゃ欲しい……」ってなるガジェット盛りだくさんです。ライター爆弾、ナイフ内蔵シューズ、防弾機能付き傘、感電リングなどなど……
キングスマンは表向き高級テーラーなので、みんなスーツが制服です。それに合うガジェットなんで、もう、渋くて超クールです。


⑵悪役のキャラ立ちがハッキリしてる

キングスマンの悪役は最高にイカれてます。「金の力で己の思考を実現しようとする」悪役・ヴァレンタインはアメリカの一面を取り上げて絵に描いたような人物で、人類抹殺計画を企てるくせに血を見るとゲロ吐きます
ヴァレンタインの側近・アジア風美女ガゼルも義足のめっちゃかっこいい武器つけててインパクト抜群です。歩くたびにシャキンシャキンいいます。
悪役のキャラが良くないとお話って面白くないですよね。古今東西どのお話でも、「平凡な悪役」なんてつまらないものは誕生すらしません。キングスマンにはぶっとんだ悪役が居るから面白いんだろうなと思います。


⑶重めのテーマも根底にある

全然なんにも考えずに楽しめます。なので以下読まなくていいです(笑)でもこの映画、根底にしっかりとしたメッセージというかテーマが置かれてます。どっしりそういうのがあるから深みも納得感もあって面白い。

この映画の主人公エグジー(タロン・エガートン)はもともと労働階級のチンピラやってたんですけど、ハリー(コリン・ファース)に見初められてキングスマン候補生に。ハリーはエグジーに「紳士とは貴族の生まれではなく、学んでなるもの」と言い、「Manners maketh man.(マナーが紳士を作る)」というセリフを繰り返します。初めて自分の目を見て会話する本物の紳士にそれを言われたエグジー、考えます。「血筋も学歴もないけど自分はこの労働階級から抜け出せるんじゃないか。」翌日から高学歴のエリートおぼっちゃま候補生に囲まれて選抜スタート、がんばります!

労働階級の庶民が紳士になるためには、貴族階級や高等教育は関係ないってことですね。大事なのは「紳士であること」。これとても言語化難しいんですけど、日本で例えると「侍」なんじゃないかな…一番近いのは。

日本人は格差格差って言ってもみんな意識してない方らしいです。イギリスって階級意識強いから、「階級は無意味」っていうのは辛辣なメッセージですね。ちなみにマシュー・ヴォーン自身が貴族階級なのも説得力増します。


これもトリビアなんですが、エグジー役のタロン・エガートン君は名門演劇学校卒で今作が初映画出演だそうな。スターウォーズのスピンオフ主演説もあるので、今後にとても期待!
f:id:waravi217:20151231032423j:image




以上、映画館スタッフが選ぶ2015年面白かった映画5選でした。



結婚について考えてること



なんで生きてるかってことを、小学生のときたまに考えてました。

自分で言ってて思う。気持ち悪い小学生やな
小学生のときって暇やったんで、なんか考えてることが一番暇つぶしになったからぼーっとして考えごとしてることが多かったような。
このテーマはたまに議題になってました

で、大学入って、1回生のときにとある本を読みまして

そんなバカな!―遺伝子と神について (文春文庫)

そんなバカな!―遺伝子と神について (文春文庫)


ご存知、ドーキンスの「利己的な遺伝子」説について素人にもわかりやすくおもしろく書いてあるのでとてもおすすめ。

人間は遺伝子のvehicleだっていう話がメインです。
利己的な遺伝子説は、遺伝子を残すために、次代により良いvehicleを完成させないとダメなんで、そのためにみんながんばってるという説。なるほど。
たとえば、子孫の弱点を補完できるように正反対の性格・体質の異性を好きになるとか。

この説わたし的にとっても納得感がありまして。なんでかっていうとうちの両親がまさにそうなんですね。正反対の性格してて、育ち方も真逆!なんでこの2人結婚したんや?!?ってずっと思ってました(笑)ドーキンスのおかげで納得。ありがとう。

というわけでわたしも利己的な遺伝子の流れにのって、自分と真逆の配偶者を見つけたいと思ってるねん!と女子会で友達に力説しました。そしたら友達もなるほど〜たしかに〜って言ってくれたところでわたしはすかさずペンと紙を出す。


まずお互いの短所を書き出して、その後それを補完できる正反対の性格・体質を書いていきます。
f:id:waravi217:20151221232631j:image

途中がこれですね。
うわー、なんてえらそうなんだ。

でも友人に短所を分析してもらって、
やっぱりそうやんな〜と改めて短所を実感できたので有意義でした。

結論、わたしは謙虚で現実から逃げずに負けそうでもリスクとって勝負していく肌が強い男性と結婚すべきなんですね。

…………………頑張ります。


いわゆる軸ってやつ



お久しぶりです!
合説に向かう電車に乗っています。
手荒れがすごいくせにハンドクリームを忘れました。そこで駅のマツキヨで適当にテスター使ったんですけど、すごい臭くて泣いてます。

ベンチャー外資では内定に繋がる選考会とかインターンを開催してはるとこもあるみたいで、最近わたしもそわそわしております。何がって言われると難しいけど(笑)

で、ES書く機会がちょいちょいあるんですけど、もうほんと文章書くの下手すぎ!!!!!(笑)

というわけでいったんここに面接でもESでもよく出る
企業選びの軸ってやつを雑に書いてみようと思います
整理できるかな〜〜

  • 企業選びの軸

よく聞かれるんだけど、これ普段から考えてないとパッて答えらんないんですよね。雑にメモしていきます。

風通しのよさ
中学のとき吹奏楽部に入ってました。ご存じの通り、吹奏楽部って女子が多いですよね。あと拘束時間が長いのなんの。コンクール前の夏休みとか、朝から夜まで。当然モメますわ。
毎日同じメンバーで、同じ曲ばっか練習して。変化起こせるとこってもう人間関係しかなかったんですよね。毎日拘束されてるからみんな部活以外の世界知らないし。お互い尊重できないというか、足の引っ張り合いというか。
まあ中学生だったからっていうのもあるんですけど、あのときの経験から、できるだけ人間関係の風通し良いところで働きたいなと思ってます。1日8時間居るわけだし。

最初の3〜5年で自分が成長できそうか
これは最近面談したキャリアアドバイザーの方に言われたのそのままです。2020年に東京オリンピックがあって、そこまではおそらく景気が上向きなんじゃないかと。それまでに成長できてて、成果出してるか、がそれ以降必要になってくると。会社うまくいかなくなっていらないって判断されたら最悪クビだし。納得したのでこれもひとつ。3〜5年でライフイベントがあったときに復帰しやすいっていうのも。


ドーキンス利己的な遺伝子説を始めて知ったとき、自分の中でとてつもない衝撃を受けました。それ以来、種として遺伝子残しときたいな〜〜!ってすごい思うように。それまで出産とか痛そうやし一生働くのもいいんちゃうか〜、とか思ってたんですけど。
というわけで、出産、育児に関しては人生の一環として絶対やりたい。それにはやっぱ、制度ないとできる気がしないんです。わたし体力ないし。

機械にとられない仕事


GoogleのCEOいわく、「望むと望まないに関わらず、20年後、現在の仕事のほとんどが機械によって代用される」らしいです。

10年後のことってほんとわかんないですよね。10年前わたしはガラケーすら持ってなかったし、家にやっとパソコンがきたレベル。1台10万円する、入力キーがない画面だけの機械を持ってて当たり前になるなんて、10年前はみんな思ってなかった。

そこでテクノロジーに関してわたしよりはるかに知見が高いであろうお方が仰ってる未来図は考慮しなきゃな〜という感じです。

あとわたし映画館でバイトしてるんですけど、最近マイク放送が機械化されまして、リアルに仕事ちょっと奪われたんですよね(笑)しかも便利なんで、もう太刀打ちできません(笑)



軸ってそんなもんかな。書いた〜長かった〜。(自分的に)(笑)

次は普通に映画の考察とか書こうっと。(笑)
そして、京都まだ着かない、遠い……………



はじめました


  商品を売る三原則は「品質」「流通」「広告」だそうで。銀のアンカーっていう漫画を読んで、これってまさに就活に例えられるんだなあということを最近知りました。



品質は、人間性とか経験とか哲学(会社によっては学歴、頭の良さとか)
流通は、エントリーしたりOB訪問したりセミナーに行くこと。
広告は、エントリーシートとか面接でのパフォーマンス。



就活っていろいろなものに例えられるけど、これも結構納得感あるなあと思いました。ちょっとビジネス感強くて冷たい雰囲気もあるけど(笑)



で、ここですごい思ったのが
「やっぱここでも、広告が三本柱に入るんやな………」ってことです




わたし、自己表現と自己開示がほんとうに下手なんですよね。人生の課題といっても過言ではないレベルなんですね。

いつもなんかしら深く考えるけど、言葉に変換できない。
昔から、自分の話をするより人の話を聞くタイプで、大学も心理カウンセラーの勉強してるくらいなんで、自分の話するのに慣れてない………{(-_-)} 

たまに自分の話をしてても、相手が面白くなさそう!って思ってしまって、すぐ話変えたくなるんですね。
(最近は、みんな人の話聞くより自分の話をしたい生き物なんだなって気づいて、自分の話することに抵抗なくなってきたけど)



自分の話をするのが下手なんですけど、就活では当然自分がどういう人間かっていうことを短い時間でできるだけわかってもらわないとダメなわけで。



どうしよう→自己開示、自己表現の練習せな→でも考えながら喋るのはいきなりハードル高くないか→考えてから表現できるツール→ブログじゃね?



というわけでブログ開設の運びに。
これなら興味ない人はそもそも見ないし気兼ねなく書けるね〜



主に、日々のおもろい出来事を通して、自分とはどういう人間なのかとか、いつもどんなこと考えてるのかっていうことを上手に言葉で表す練習をできたらなあ

こまめに、がんばります。(笑)